英語の履歴書を書こう!書き方のコツとは?

英語の履歴書はフォーマットが厳しくない

英語の履歴書の書き方はあまり厳しい決まりがあるわけではありません。フォーマットが与えられているわけではなく、自分で白紙の上に書き上げることが求められます。それができるかどうかがビジネススキルの一つとして見られていると考えましょう。フォーマットが厳しくないとはいえ、記載事項は慣習的に決まっています。氏名と連絡先、希望する職種、自分が持っている技能や資格、これまでの職歴や学歴を記載するのが常識です。特に指示がない限りはこれ以上のことを書く必要はありません。むしろ余計なことを書き過ぎてしまって相手に読みにくい形になってしまうとその時点で不採用になると考えなければならないのです。

読みやすい書き方をしよう

相手がストレスなく読めるようにするのは英語の履歴書を書く上で必須です。フォーマットが決まっていない分、いかに読みやすくまとめられるかが評価項目に自然に組み込まれています。技能や資格について伝えるときには文章で書くよりも箇条書きで端的に示した方が相手にとってストレスがありません。箇条書きの多用は効果的な方法であり、他の項目についても適用可能です。また、できる限り1枚にまとめるのも重要なことであり、どうしても収まりきらない場合に2枚にするという考え方を持つのが重要になります。もし2枚になるのなら片面印刷にして読みやすくするのが基本です。また、2枚目の下の方に無駄な余白を作らないようにうまくレイアウトして書き上げるようにしましょう。

面接を英語で行う際、相手がネイティブの人間ならば話す文法よりも自分の意思・主張を手振り交えてコミニュケーションを取る努力の方が必要とされます。