就職活動では面接の出来が合否を左右することも多い

就職活動でほぼ必ず行われるのが面接

大学生や社会人が就職活動をするとき、必ずと言っていいほど入ってくるものが面接です。また、その面接は合否を左右する重要な要素となっていますので、その面接対策は重要です。企業にとってみれば、面接をしないと応募者の顔が分かりませんし、応募者が持っている魅力なども分かりません。ですので、それをチェックするためにも面接にウェイトを置いています。企業によっては一回の面接ではなく、二次面接、三次面接と繰り返し行うところも多いです。そのような場合は、何回も企業へ出向くことになり、回数を重ねるごとに企業の重役との面接になるので緊張感も高まります。面接対策をしないと、緊張のあまり面接でミスをしてしまう人もいるので、まずはしっかりと受け答えが出来るように訓練や練習をしていきましょう。

最低限必要な面接のマナーを身につける

また、面接の時には受け答えが出来るようになることも重要ですが、それ以外にも大切なポイントがあります。それは面接のマナーを覚える事です。どこの企業も面接の流れは似ていて、面接官のいる部屋に入る時のノックの仕方や、お辞儀の仕方、座り方など小さなところも見られることもあります。マナーを覚えず、あまりにも非常識な事を面接の場でしてしまえばそれだけで一発アウトになる事も珍しくありません。マナーについては一般的な就職対策の本や、面接対策の本に載っていますので、就職活動で成功したい方はそこで最低限求められるマナーは出来るようにしておくと良いです。その他にも面接の服装なども見られる部分ですので、服装のマナーやルールも守っていきましょう。

新卒紹介とは新卒学生が紹介会社に登録し紹介会社は学生のプロフィールやスキルを細かくチェック、採用側のニーズに合った新卒学生を紹介するここ数年で普及し始めたサービスです。