歯科衛生士が出来る業務と就業先について

歯科衛生士は医療関係の国家資格の一種で、歯科医師の指示で治療行為の補助を行うのが主な仕事内容です。業務の性質上、就業先は歯科医院が多数を占めますが、その一方で歯科医院の業務を効率的に進めるには不可欠な人員です。そのため、常に求人が出ているのが大きな特徴になります。歯科衛生士の業務は歯科医院ごとに大きな違いは無いため、求人広告を見る際は福利厚生が充実していることを確認するのが重要なポイントです。歯科医院の診療日時がそのまま歯科衛生士の就業日時になることが多いので、給与や休日の日数などを確認する際の目安になります。また、歯科治療に使う診療器具や薬剤の取り扱いについても正しい指導を受けられることが長く勤務出来る優良な歯科医院の判断基準です。

歯科衛生士として長く働くための心得

歯科衛生士はかつて女性だけが取得出来る資格だったため、現在でも歯科医院で働く人は女性が多数を占めています。また、女性は結婚を機に退職するケースが多いことから離職率が高い傾向があり、歯科医院も雇用を渋るケースがあります。歯科衛生士として長く働くためには結婚などの理由で安易に退職しないことを示すことが重要です。また、歯科治療の技術は年々進歩していることから、歯科衛生士が出来る業務についても常に勉強を重ねる姿勢をアピールすることも大切なポイントになります。歯科衛生士は歯科医院の診療に無くてはならない人員なので、自分が歯科医院に必要であることを示し、仕事には真摯に取り組む姿勢を見せることを心がけます。

歯科衛生士の転職を成功させたいなら、求人の応募要項を詳しく比較しましょう。総合病院やクリニックに勤務するほかに、企業の歯科検診を行う求人もあります。