短期間居住におすすめのマンスリーマンションとは?

初期費用が抑えられるのがメリット

短期間の滞在や単身赴任の場合、ホテルに連泊したりアパートを賃貸するよりもマンスリーマンションを利用するほうがお得な場合があります。マンスリーマンションとは、月単位など短い期間住むことを前提としたマンションやアパートのことを指します。通常の物件と比べると、短期間そこに住みたい人にとっていくつかのメリットがあります。

一つは、初期費用が抑えられることです。通常賃貸する場合、敷金や礼金が必要となるため、初めにかかる費用がかさむことが多いです。マンスリーマンションの場合は、敷金や礼金の必要がなく初期費用がかなり抑えられるのがメリットです。また新しい住まいには、家具や家電が必要です。マンスリーマンションには、最初から必要最低限の家具や家電が備わっています。そのため入居したその日から、生活をスタートさせることができます。その他にも、水道光熱費が定額であることや入居審査が緩い傾向があるということがメリットといえます。

デメリットもチェック

もちろんデメリットがないというわけではありません。例えば、通常の賃貸よりも家賃が高めであったり、途中解約すると違約金が発生したりする、といったことがあります。敷金や礼金がなく、水道光熱費が定額ではあるものの、通常の賃貸と費用が同じぐらいになることもあります。短期間しか住まないということが前提となっている住まい、ということをよく理解しておきましょう。

マンスリーマンションは、短期間の単身赴任者のほか、長期滞在している観光客や自宅をリフォームしている間の仮住まい、部屋を探している間の仮住まい、といった人が利用しています。上手に利用することで、お得に一定の期間住むことができます。

必要最低限な家財がそろっているマンスリーマンションは、初期費用が安く家具の購入の手間も省ける為、出張や仮住まいに適しています。