ハローワークや専門の求人サイトを利用する

歯科衛生士の求人は一般的にハローワークや医療系などの専門性の高い求人サイトに掲載されている場合が多く、実際に転職を検討している人たちの多くが利用している仕事の探し方だと言われています。特徴としては求人の取扱件数が多いところで、中でも専門性の高い求人サイトを利用すれば非公開の優良案件を見つけられる可能性が高くなっています。ほかにも医療系の人材紹介会社や派遣会社を利用するというケースも多く、アドバイザーやコンサルタントも歯科衛生士の内情や職場環境に精通しているため相談しやすいところがメリットです。

直接歯科医院に応募するのも一つの方法

求人の中から自分が勤めたい歯科医院を見つけるのではなく、すでに自分が勤めたいと思っている歯科医院がある場合はホームページなどから直接申し込むという見つけ方もあります。この場合は歯科医院が求人を出しているかどうかわからないため、事前に問い合わせをしておくのがおすすめです。中にはホームページを公開していない歯科医院もありますが、こちらの場合は電話で問い合わせをしたり応募したい旨を伝えるという方法も利用されています。

卒業した学校や友人からの紹介というケースも

ほかにも歯科衛生士の仕事の見つけ方として利用されているのが、学校や友人を経由して紹介してもらうという方法です。歯科衛生士は資格を取得するために専門学校などを卒業している人がほとんどですし、専門学校宛に歯科医院も求人を掲載しているケースは珍しくありません。そのためそちらから紹介してもらうという人も多いですし、ほかの歯科医院に勤務している友人から歯科医院に直接推薦してもらうという手段もあるようです。

歯科衛生士の募集にあたっては、多くの歯科医院が乱立している状況のなかで、いかに他と差別化できるかがポイントになります。就業時間や立地、そして待遇面で違いが出せるかどうかが重要です。